ポートホールキャットがアイ

現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生の受け入れを行っています。とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。職業上、看護師という立場では喫煙者が減っているように思います。実際のところ、そのイメージ通りに国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、意識的に禁煙している人が多い状況だと見て取れます。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気のために看護師を辞めました。ですが、病気が完治すると現場に復帰して、医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少、仕事をしていない期間があっても、資格を取得しておけばそこまで苦労なく復帰できますね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立の医療機関で働くことです。看護師は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで勉強する人も多いのですが、なおかつ公務員にもなれたら一層安定した職業になることは確実です。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的なメリットです。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する場合が多いので、髪形にも配慮しなくてはなりません。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、どうしても転職率も高い数値になります。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが多くあります。専用の転職サイトなら、手際よく希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを併用して、より良い転職先を見付けましょう。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務時間が一定でないことに加え、過酷な労働環境だということも相まって、他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にいろいろな職種において実際に役立つことがよくあります。考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近では、学生やパートの看護師も増加しているため、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場になるわけです。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。けれども、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入としては決して少なくはありませんが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。プラス面だけに着目せずに、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。しかし今日ではどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおおよそ750万円前後だと想定されます。転職活動を行う時には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けなければならないことがあります。それは何かと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術や知識を学べるといった理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤を避けられない職業の一つです。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。就職先として考えている病院がどちらの交代勤務で動いているのかを前もって知っておいた方が良いでしょう。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。妻の話ですが、子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の良い部分と、悪い部分について理解しておきましょう。手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師の成長に役立ちます。良くない面を挙げると、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長い間落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、往々にして、簡単に審査に通りがちです。ただ、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。簡単にローンを組めるのは正職員という形で勤務中の看護師については言えることなのですが、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須です。看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、専門学校に入学するための予備校があるほど、難関なのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信教育課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、何てったって、看護師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが少なからず関係しています。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。様々な病気を患い心細い患者にとっては優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、多くの覚える事やチェックを繰り返し、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。それぞれの会社で給料が変わるものですが、同じことが看護師にも言えます。大きな総合病院と町医者を比較すれば、給料も変わってくるでしょう。ですので、看護師として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。看護師の仕事といっても、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。将来を考えるキッカケになりますから、モチベーションが上げられると言われています。交代勤務を代表に看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、その情報を責任もって交代する看護師に伝える必要があります。それほど重要でない情報も多いとはいうものの、症状に対する重要な処置の方法などに関してはしっかりと申し送りする必要があります。看護師がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。しかし、昨今では、少しずつ看護師の制服も変化してきており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが大切です。女性の看護師の場合、派手なメイクは避けて病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。スッピンとはまた違って、雰囲気が変わりますよ。あまり一般的ではないかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。保育園に勤めるということで、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く比較的離職率が高い職業です。さらに、働く時間が規則的でないこととか、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。よくキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、途中で休憩をとることはとるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。子供が小学校に入るまでならば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。そういう理由で子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も多くいるということです。卒業を控えているのに、看護師の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が原因になっている可能性があります。実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院が裏で採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると高収入を続けやすいことが分かっています。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。このような高給で安定した職場という面では看護師を選ばない理由はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です