美穂の大森隆志

お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにも、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。さらに言えば、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12の値があります。というのも、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が不足したことがはっきりしない場合があるので、注意が必要です。マカというサプリの名前を聞いたことがある人も多くいると思います。これは、男性のスタミナアップの効果が期待できるだけではありません。妊活中の女性の、血行促進作用があるため、体を妊娠しやすい状態に整えられます。そして、ホルモンのバランスを整えてくれるという働きもあり、基礎体温の乱れがなくなり、体内環境を改善することに貢献してくれます。妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、体を温める必要のある妊活中には控えるに越したことはありません。ですが、コーヒーを我慢できないという人も居ると思います。そんな場合は結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日2杯から3杯を上限に飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。意外に思われるかもしれませんが、妊活にあたって肉体的なアプローチとして行っていただたいものと言えば、歪んだ骨盤を整える事です。最近では、インターネットや書籍で妊活中の体に優しい体操などを紹介する動画がたくさんあります。妊娠のための重要な器官は骨盤内にあるのです。歪んだ骨盤を整えて血行を促進してあげれば体の内部から温まり、妊娠しやすくなるということです。栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。でも、どうせ摂取するならば、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方を出来るのが理想的だと思いませんか?あまり知られていないのですが、果物によっては体を温めて冷えをとってくれる効果が期待できるものも存在するようです。具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、加工されたドライフルーツでも十分です。妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば特に問題ないのですが、気を付けなければならないのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。ですが、薬を服用する限り、副作用や身体への影響を考える必要がありますから、薬の種類に限らず、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが母体のためにも良いでしょう。妊活で大切なこと、それは基礎体温の測定です。毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、身体の状態の把握が可能となり、妊娠しやすい状態か否か、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど重要な情報を知ることができるでしょう。ついでにいっておきますと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。少しずつ暑さが増してくると自然とキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、妊活時には、可能な限り体を冷やしてしまう飲み物を避けてください。それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。大抵、女性に関しては妊活中はお酒を飲まないように言われることが普通です。それはどうしてかといいますと、妊活中はいつ妊娠が発覚するか分からないので女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にアルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、冷えを引き起こす原因となるため、妊活中の女性にとっては向いていないものだからです。毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に妊活のアプリが人気を集めています。基礎体温の記録や、排卵日がいつなのか予測してくれたりと、上手にアプリの機能を活用すれば役立つツールとなります。女性のみならず、男性用のアプリも作成されています。妊娠しやすい日を通知する機能もあるため、自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。妊活を行っている時は普段以上に注意が必要なのは、ストレスを溜めないようにすることです。ストレスが原因となって筋肉は緊張し、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。そうすると、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。もしも働いている女性で、ストレスは大きいし、かつ生活習慣も乱れがちだ、という場合は、思い切って休職の申請を出すことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。漢方を妊活のために服用する人も多くいます。漢方の持つ体質改善効果により身体を妊娠しやすくするのに役立ちます。ここ最近では大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので簡単に買えるようになりました。「費用が気になる」という人もおられると思います。その様な方には不妊治療に漢方を処方している病院の受診をおすすめします。診察を受ける必要がありますが、保険適用でいくらか安くなります。妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。その一つの理由は、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。代表的なものを挙げると、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。加えて、効能として、リラックスできるというものもあります。妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがその解消が期待できます。一見すると無関係なように感じますが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、大変深い関係性があるのです。最近の研究からわかってきたのですが、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などのリスク因子であることが明らかになったのです。妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、今のうちに診てもらった方がいいでしょう。妊娠の確率を上げるために心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。満足に眠れていないと、人間は体内の活性酸素濃度が上がり、そのことが原因で、卵子、精子が酸化されて劣化することになります。歳をとるごとに性機能が低下していくスピードを少しでも遅らせるよう、がんばって妊活をしている時は睡眠をたっぷりととることに努めましょう。妊活中は特別、ストレス解消に努めることが肝要です。その考え方からいくと、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うとお湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを避けましょう。意外ですが熱は、体にとっては負担となります。不妊症があったうえで妊活を行うという場合、妊活が長くなってくると、心身ともに耗弱してしまいます。そこで何年と期間を設定したうえで、夫婦でとにかく一丸となって取り組もうという感じで最初の段階で話し合っておくのが最も上手くいくかもしれません。期間を設けることで、二人で悩みながらも決めたことなので腹をくくってやっていこうというポジティブな気持ちが持続するのです。妊娠と出産は、当然ながら夫と妻の協力が不可欠です。これは何を意味するかというと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。実際に出産をするのは女性ですから、一歩間違うと女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、夫婦ともに協力しなければ赤ちゃんを授かる可能性は低下してしまいます。あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとってはその確率を上昇するためにとられる対策であると言えます。それだけではなく、元気な赤ちゃんを産むためにするいろいろな対策のことも含んで使われます。どの時期に妊活をスタートすべきか中には気になっていらっしゃる女性もかなりいるはずです。大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば結婚している人もしていない人も、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。ですので、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、先にしっかりと専門の医療機関で検査を行いましょう。そうすると、もともと妊娠しやすい体なのか、問題がないのかなどが早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、妊活を始めるにあたっては、不妊検査は必要不可欠なものなのです。検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、胎児の健全な成長にも関わってきますので、必要不可欠という理由も分かると思います。赤ちゃんがほしいと妊活を継続している方は、お守りを買ってみませんか。一例として、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。このお寺で扱われているお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。それ以外にも、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるのでいくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。妊活をしている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、体を温める作用があります。また、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏が旬である野菜に多く存在しています。果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので温かい飲み物がよいと思います。何かと辛いこともたくさんある妊活をしている間には、心や体が凹みがちです。なかなか妊娠に繋がらないと、うつ状態になってしまう場合もあります。妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。事実、不妊治療をしなくなってストレスから解放され、直後に妊娠したという例も多いです。逆に妊活を行うことが重荷にならないよう意識的にストレスを解消しながら続けましょう。女性は妊娠前も妊娠している間も極力、体に悪いものを避ける必要があります。そういうわけで、禁煙してください。タバコは他の嗜好品がそうであるようにリラックス効果はあるものの、決して体に良くはないです。習慣的にタバコを吸う方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。妊活の最中はいつにも増して色々と注意しなければなりません。風邪薬の服用の是非については、さほど深刻な影響は及びません。ですが、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと心配ならば、服用をしても大丈夫かどうか、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。少子化と同時に男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。ですが、日本の医療技術において、今のところ確実な産み分け方法は明らかにされていません。そのことを分かっていて、それでもなお挑戦してみたいという事であれば、以下に記述することをやってみてください。それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。第二子が欲しいとなんとなく思いながら3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、これをチャンスと捉えしっかりと調べてもらって、何もなければ妊活を始めようと話し合って結論を出したのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが妊活スタートの直接のきっかけですね。最近のことですが、自宅で可能な妊活の中の一つの方法として家庭用のお灸への関心が高まりつつあります。鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく副作用がないということも安心です。体表面には妊活にいいとされるツボが多く存在し、ご自宅で個人で出来るようなお灸も売っているのでとても気軽にできるようです。是非とも試してみてください!一刻も早く子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養をしっかりと取ることは重要です。肥満は問題ですが、ダイエットはひとまず控え、体に必要な栄養を摂りましょう。おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、食べ過ぎさえしなければストレスを解消するという意味でも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です